ワイルド・スピードX3 Tokyoドリフト ハン・ルーの名言に学ぶ人生の歩み方

ULTIMATE BLUE

こんにちは、じくうです。

僕は車が好きです。

中でもホンダのNSX(NA1,NA2)が格別に好きで、NSXを所有することを目標の1つに掲げて日々頑張っています。

僕がこの車を好きになったのは小学校3年生くらいの頃だったと思います。

もうかれこれ15年以上も片思い中です。

車が好きなので、車をテーマにした映画も好きです。

皆さんもご存知、ワイルド・スピードシリーズは僕も全作品視聴しています。

先日、ワイルド・スピードシリーズのある作品を再度視聴した際に劇中のあるセリフに心打たれたので感想をここに共有させていただきます。

僕が改めて視聴した作品というのは、「ワイルド・スピードX3 Tokyo ドリフ」です。

この作品、シリーズ中ではおよそ外伝扱いとされ、評価もシリーズ中最も人気のない作品かもしれません。

好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思います。

ちなみに僕は好きです。大好きなNSXが出てるので。

この作品に登場するキャラクターで、ハンという男がいます。

ワイルド・スピードシリーズの主人公、ドミニクのファミリーの一員です。

このハンが劇中で言い放った一言が、とんでもなく名言だったのです。

その言葉がこちら。

「人生は単純だ。行き先を決めたら、振り返らなきゃいい。」

かっこよ。

かっこいい!

なんで一回目に観た時は気づかなかったんだろう。

自分の人生を改めて振り返ると(あ、振り返っちゃった)、いろんなものに惑わされてて、周り気にしすぎてて、目移りし過ぎで、本当に正しいのかと振り返りまくりですね。

それはなんでかっていうと、多分行き先がはっきりと決まってなかったんですね。

なのでまずは行き先を決める。

長期でも短期でも、なりたい自分ややりたい事を決める。

そしたらそれをやる。

あとは振り返らずにやり続ければいい。

そうすれば最短最速で決めた行き先にたどり着けるんでしょうね。

ここまで考えてみると、実にワイルド・スピードらしいセリフだったのだということも分かります。

では決めた行き先に着いたらどうすればいいのか。

これについては劇中では語られてはいませんでしたが、僕はこう考えます。

また次の行き先を決めてそこに行く。そしてそれを繰り返す。

使い古された言葉でしょうが、人生にゴールはありません。

だから自分で行き先を決めてそこに行かなければならないのです。

そのためには目標設定をする必要があります。目標設定については以下の記事でまとめていますので参考になさってみてください。

そして決めた行き先に行く際に重要なこと、それが、振り返らないこと。

一度自分が行きたいと思った場所には周りにどう言われようと振り返らずいけばいいのです。

「人生は単純だ。行き先を決めたら、振り返らきゃいい。」

本当に単純な一言ですが、ここに人生の歩み方の核が凝縮されていますよね。

僕も振り返らずに決めた行き先に行きたいです。

この一言のセリフのために、ワイルド・スピードシリーズの中で一番好きな作品になりました。

他にもかっこいい日本車が多いです。

先程述べた僕の好きなNSXも登場しますし、ハンの乗っているRX-7もめちゃめちゃかっこいいです。

そして日本が舞台なので、見知った景色が出てきてそこも面白いと思います。

まだ観ていない方が居たら、是非観てみてください。

あ、ちなみにこの記事のアイキャッチ画像は作品とは関係ありません。

青いから使ってるだけね

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました