理念や意図を感じられなくなった時点で終わりだよねという話

ULTIMATE BLUE

こんにちは、じくうです。

皆さんは仕事、アルバイト等に打ち込めていますか?

今回は僕が仕事に臨む上で意識すべきだと思っていることについて書いていきます。

全ての仕事には理念が反映されている

僕は仕事に対して常に理念や意図を意識して臨むように意識しています。

その会社の理念は何なのか、どのような意図でその仕事があるのか、というように考えています。

というのも、前提として仕事というのは主に会社に属して行うという認識が一般的かと思いますが、全ての仕事はその企業の理念を反映させるためにあるものだと考えているからです。

僕は会社=誰かの夢だと思っていて、それをかっこよくまとめた会社の方針が企業理念だと考えています。

そして仕事とは、この企業理念を達成させるために意図された工程・作業・行動です。

全ての仕事の源流はつまるところ企業理念であり、企業理念に反している、そぐわないそれらは無駄なものだと言えます。

僕はこの企業理念やそれを達成させるために意図されたものを意識して行えない仕事に意味はないと思っていて、そうならないように日々思考しています。

理念や意図を感じられなくなると

仕事とは、初めの頃は何のためにやるのかを強く意識すると思いますが、徐々に慣れてくると思考停止で単純作業のように淡々とこなすようになる傾向にあリますよね。

こうなってくると、仕事に飽きるし、刺激も生まれない。

そして段々と作業にストレスを感じるようになり、やりたくなくなると思います。

僕は何年か前にコンビニでアルバイトをしていたのですが、今振り返ってみるとまさにこの理念も意図も意識していない単純作業を繰り返していただけの状態でした。

まあ、学生のうちは単にお金が欲しい以外の感情が無いので仕方ないというか当たり前なのかもしれませんが。

コンビニというワードが出たのでコンビニを例に企業理念と意図と仕事について考えてみましょう。

コンビニの主な企業理念は何でしょうか。以下の記事からコンビニチェーン大手三社の理念を見てみてください。

コンビニチェーンが掲げる企業理念からわかる特長

ざっくり言うと、地域にとって便利な存在でありたい、という理念を掲げています。

この便利というのは、色々な商品を手軽に素早く提供する、というような意味合いがあると思います。

つまりコンビニで働く上で意識すべき理念・意図は「お客さんにとって便利な存在でありたい」ということだと言えるでしょう。

僕はこの辺の意識を全くしていませんでした。

始業前にスローガンを音読してたんですけどね 笑

そしてコンビニは、経験のある方も多いと思いますが、なかなか激務です。

とくにレジ打ちですよね。

朝方とかお昼時とか夕方。主にご飯時ですね。

自分の目の前に出来た長い列を見て絶望します。そして怒涛のレジ打ちラッシュ。

もう本当に単なる作業です。

そして段々とイライラしてきます。なんで来るんだよ、買いすぎだろ、と。

そんなわけで接客態度も良いものとはならなくなります。

このイライラの原因は、今振り返ると僕はコンビニの理念を全く理解・意識していなかったからだと思います。

単にレジ打ちを作業として見ていたから、だから忙しくなっただけでイライラして嫌な気持ちになっていたのです。

ではきちんと理念や意図を意識していたならどうなっていたでしょうか。

「お客さんにとって便利な存在」であることを心がけていれば、例えばレジ打ちをするにしても「この人の代わりに商品をまとめているんだ」という気持ちになり、袋詰も丁寧にしようとなりますよね。

そして便利であるためにはなるべく早くレジ打ちをしようという意識にもなります。

早く終わらせることでそれだけお客さんの時間を節約できたことになりますし、便利だなと感じてもらえますよね。

便利だと感じてもらえれば企業理念を反映できたことになり、会社としての役目をしっかり果たせるのです。

そして自分自身、やりがいを感じますし、どうやったらもっと便利な存在になれるかという試行錯誤も生まれ、そこに楽しみを持って臨めるようになります

やりがいや楽しみを持つことは、何かを継続させる上で必要不可欠です。

ここまで考えてきて、理念や意図を意識することが会社、お客さん、自分自身に良い影響を与えることに繋がると分かるのではないでしょうか。

自分の価値を高める

先述のように理念や意図が見えなくなってくると、コンビニ時代の僕のようにただの作業をするだけの存在になってしまいがちです。

そうなったらやりがいも楽しみも無いですし、その程度の作業しか出来ないのなら別に僕じゃなくたっていいわけなのでもっと愛想のいい人に替えられかねないですよね。

つまり必要とされなくなるのです。機械でも良いわけです。

そうなってしまったら終わりです。

自分自身に価値が無いんですからね。

こうならないように、理念や意図の存在を知ったときから僕は日々この辺を意識して仕事に臨むようにしています。

常に理念や意図を意識して、試行錯誤を重ね、より良いものにアップデートしていく。

こうすることで自分の仕事、何より自分自身の価値を高めて必要とされる存在であり続けたいですね。

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました