目標設定と期限設定の大切さ

ULTIMATE BLUE

こんにちは、じくうです。

今回は目標設定・期限設定の大切さについて書いていきます。

皆さんは自分のやりたいことに対する、ご自身の目標とそれに対する期限設定を行えていますか?

目標設定か~。考えたことないな~。

そしてそれがとても大切であること、何かをなし得る際には必要不可欠であることをご存知でしょうか。

なぜ目標・期限設定が大切なのか

何かをなし得ようとするなら、それを達成させるための目標設定が大切です。

なぜなら、目標を設定しないと何をやればいいか分からず、何となくダラダラと時間を浪費してしまうからです。

頑張って行動しようとしても、訳も分からずガムシャラにもがいて、あらぬ方向へと逸れて行ってしまう可能性もあります。

マラソンを例に目標・期限設定の大切さを考えてみましょう。

マラソンという競技は、42.195㌔という距離を、設定されたゴールに向かって、自分の目標タイムであるいは制限時間内に走り切るものですよね。

マラソンに距離の設定が無かったらどうですか?どこまで走ればよいか分かりませんよね。

ではゴールが設定されていなかったらどうでしょう。どこに向かって走ればよいか分かりません。

時間設定が無かったらどうですか?どのくらいのペースで走ればよいか分かりません。

このように、マラソンという競技においては距離、ゴール、時間がそれぞれ設定されていなければ大変困るのが分かりますよね。

というよりマラソンという競技として全く成立しません。

マラソンで伝わらなかったのであれば別の例を考えましょう。

皆さんゲームは好きですか?

好き!!!

ゲームでは、様々な目標が設けられ、それをこなしていくことでストーリーが進行していきます。

そしてそれらの目標には細かなクリア条件が設定されていますよね。決められた体力、アイテム、時間等。

ちょっと考えるとゲームでも目標や期限(制限)が設定されていることが分かります。

そしてそのような目標を達成したり、定められた期限(制限)内にクリアしたりすることに力をそそぎ、そこに面白さが生まれます。

このように、様々な目標や条件がゲームを面白くしているのです。何の目標も条件も無ければ全く面白くないしやる気にならないですよね。

マラソンでもゲームでも伝わりにくいでしょうか。

では学校の宿題を思い出してみてください。

勉強なんて自分では進んでやりたいものでは無いですよね。

でも先生に「明日までにここまで勉強してきて提出してね」と言われるから勉強するんです。

たしかに…。

宿題に関しては嫌々ですが、以上の3つのどれも、目標と期限の設定があるからこそ達成可能なものですよね。

そして目標と期限の設定がなければ、何をしたらいいのか、どの程度したらいいのか、どこに向かえばいいのか分からずに何も出来なくなってしまう。

あるいは変なところに力を入れて結果が出ずに諦めてしまう。

最悪の場合、他者のせいにして逃げに走ってしまうかもしれません。

宿題のように誰かが目標や期限を提示してくれればいいですが、自分自身のやりたいことは誰かが方向性を指し示してくれるものではありません。

故に自分自身で目標と期限の設定をする必要があるのです。

これまで挙げた具体例から、目標と期限の設定を行わなければ何も達成できない、意味がないことがお分かりいただけたのではないかと思います。

自分で目標・期限設定を行わなければ自分のやりたいことは何も達成することは出来ないのです。

どのように目標・期限を設定すればよいのか

目標の大切さは分かりました。

ではどのように目標と期限を設定していけるでしょう?

まずは自分のやりたいことのひとまずのゴールを決めましょう。

よく勘違いされますが

目標=やりたいこと・欲しいもの

という考えは実際には少し違います。

やりたいことや欲しいものは自分自身の欲求です。

欲求・欲望は原動力になり得るのであったほうが良いですが、これを考えているだけでは何も手に入りませんし成し得ることはできません。

目標とは、それを達成させるためのプロセスのことを言います。

そのプロセスをどのように立てていけばいいか、具体例を用いて考えていきます。

例えば、欲しい車があるとしましょう。これは原動力になる欲望です。

その車を買うためのお金が仮に1000万円必要だとします。車を買うためのこのお金を用意するのが目標です。つまりここでの目標は1000万円を用意することと決まりました。

次に1000万円をいつまでに用意するのかを決めます。ここで最終達成の期限設定をしています。

今回は仮に3年としましょう。

3年以内に1000万用意するためには一年にどの程度お金を稼ぎ、貯めなければいけないのか考えます。ここで一年という期限設定を行い、一年ごとの目標を決定するのです。

平均すると333万円ですね。ただ、いきなり一年目に333万円を稼ぎ、貯めるのは難しいので、一年目は200万円としましょう。二年目は350万円、三年目は450万円です。

次に、一月ごとにどのくらい稼ぎ・貯めるのか考えましょう。一ヶ月という期限設定を行い、一月ごとの目標を決定します。

一年目の目標金額を一月あたりに平均すると16.7万円ですが、これもいきなりは難しいので初めは5万円としましょう。そこから12ヶ月目まで、徐々に目標設定を大きくしていきます。

次に、同様に期限一週間ごとの目標を設定し、最後に期限一日ごとの目標を設定します。

そして最後に、一日の目標を達成するための自分の行動目標を決定します。これが最も大切だと思います。

何故なら、まずはこの行動目標を達成出来ない限りは最終目標を達成することなど不可能、そもそも何も始まらないのです。

なので行動目標はあなたが管理できるもの、外的影響を受けないものとし、まずは小さな規模で達成しやすいものにしましょう。

このように最終目標を達成させるためのプロセスを行動レベルまで落とし込む・細分化することにより、何をすればいいかがはっきりと分かり、取り組みやすくなります

また、行動目標を自分自身で管理できるものとすることで、目標達成ができないときに見直すポイントが自分の行動だけなので、マネジメントも行いやすいです。

仮に見直すポイントが多いと、効率もモチベーションも落ちてしまいますからね。

結果が出ないときにあれもこれも…となっては悪循環ね。

今回の例の行動目標はどのように決定できるかというと、

「今日一日で3000円稼ぐ。そのためには3000円の利益が出る商品・サービスを売る。」

といった具合です。

以上をまとめると、目標・期限設定は

  • 原動力となる欲望がある
  • それを達成させるためのプロセスを設定するのが目標・期限設定
  • 目標は行動レベルまで細分化し自分で管理できるものとする

というようにまとめられます。

目標・期限を設定した後

初めに立てた目標通りに行動し結果に繋げられる人はごく少数です。

やったことのないことを完璧にこなすことは大変難しいからです。

なので、目標は進捗に合わせて定期的に改善していく必要がありま

目標を設定したらあとは行動するだけ、ではありません。

ではどのように目標を改善していけば良いでしょうか。

一年後の目標を見直すには、まず短期間行動してその結果を見直す必要があります。

例えば一ヶ月としましょう。一ヶ月行動して得られた結果を確認し、目標に達していなかった場合、一年後のゴールを変えるか、今のペースを変えるのです。

先程のフルマラソンの例に戻って考えましょう。もし42.195km走りきれない体力・ペースならば、距離をハーフマラソンに変える、今よりもペースを上げて走る、といったアプローチをしてあげられます。

このように、目標は改善しつつ日々設定し直していき、改善した目標を達成できるようにしていきましょう

もし、目標を改善させないまま続けていくと、モチベーションの低下や目標自体が達成不可能となりマイナス方向に落ちていってしまいます。

なので自分で期間を決め、その期間ごとに定期的に目標を見直し、改善し、設定し直していきましょう。

完璧主義に陥らないこと。

まとめ

  • 自分で自分の方向性を決めるために目標を設定する。
  • 目標は自分の行動レベルまで細分化する。
  • 目標は定期的に改善する。

以上を実践し、自分の達成したい事を達成できるように努力できたらいいですね。

僕もがんばります。

今回の記事を通して、皆さんの目標設定の参考になったのであれば嬉しく思います。

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました