愛車 MINI R53 のヘッドライトが曇っていたので磨いてみた

BLUE

こんにちは。

皆さん、ご自身の車のヘッドライトは綺麗でしょうか?

ヘッドライトが曇っている車をよく見かけますよね。

ボディをきっちり洗車してピカピカにワックスをかけても、ヘッドライトが曇っているとそれだけで綺麗に見えなくなってしまうものです。

僕のMINIちゃんはどうかな~。

うおおおおお曇っとる!!!

洗車した直後なのにかっこよさが数段下がっとる!!!

というわけで今回はこの曇ったヘッドライトを磨いたっていうお話です。

MINI R50系のヘッドライトって曇りやすいんですよね~。磨いてもまたしばらくしたら同じように曇っちゃうんですが、やっぱり綺麗なお目々が見たい!という気持ちで頑張りました。

用意したものはこちら。

曇りを取って保護までできちゃうという市販のコーティングセット。

とマスキングテープ。

あ、ちなみにパッケージ側面に輸入車には使えません的なことが書いてありましたが…。強行使用。

まずはヘッドライトの樹脂以外を磨かないようにマスキングをしていくよ!

正直無くても良いレベルなんですが、マスキングしたほうが雰囲気が出るので。

雰囲気です。雰囲気。出てるでしょ、DIY感が。

それっぽいね。

そしてコーティング剤と付属のクリーナーで磨いていきます。

まず1って書いてあるやつを白いクリーナーにつけてライトを撫でるように磨きます。

これを何度か繰り返すと…。

おっっっっ!!!

きれいになった!!!

おわかりいただけたでしょうか…向かって右のライトがきれいになっているのを…。

片側4~5回ずつゴシゴシと磨きました。

撫でるようにってのはウソだね!

磨いた後のクリーナー。

曇りの原因はほとんど汚れの付着なんですね、これを見る限り。

そんで両目磨いた後の写真がこちら。

2の保護材も塗ってマスキングも取っちゃってます。

正直劇的に何か変わったかって言ったら写真だと伝わりにくいかと思いますが。

現物は相当差があるように見えます。

うん、良い。イイ。よい。

保護材で12ヶ月保護できるらしいんですが、恐らくその前にまた曇るでしょうね…。

とはいえそれほど手間取ったというわけでも膨大な時間がかかったわけでも費用がかさんだわけでもないので、また磨くことになっても苦ではないですね。

それよりきれいになったときの嬉しさ、達成感のほうがでかいです。

MINIちゃんも嬉しそう!

というお話でした。

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました