【雑談】南アルプスの天然水はかわいいし美味しいし最高っていう話

BLUE

皆さんこんにちは、じくうです。

今日は僕の好きなお水、南アルプスの天然水についてのお話です。

誰もが一度は口にしたことのある、飲んだことはなくても店頭で目にしたことはあるお水ですね。

僕はこのお水が大好きです。

今回はとにかくこのお水が好きだっていうだけのお話をします。

何で好きなのか、その理由について綴っていきましょう。

1.美味い

単純な話です。

これは一口飲めば瞬時に理解できます。個人的感想としては少し甘みを含んでおり口当たりがとても柔らかく、喉を滑らかに流れていく感覚を感じます。

これほど飲んでいて心地よいお水は他に無いんじゃないかな。

ランニング等の運動や、風呂上がりに飲むと更に格段に美味しさを感じます。正直これほどに美味しさを感じる飲み物って他に無いと思うんですよね。南アルプスの天然水こそ至高にして絶対ですよ。

あなたも今すぐ始めましょう、異次元の美味しさ、気持ちよさ、爽快感が待っています。幸福度が上がります、身体が潤うことを実感できます。

お水は身体に必要不可欠だもんね!

2.コスパがいい

お水全般に言える話ですが、安いです。

他の清涼飲料より数十円も安いですよね。これだけでも十分に購入理由になりますが、もうひとつ嬉しいことがあります。

内容量を見てください。

550mlなんです!!!!

普通のペットボトル飲料よりも50mlも多い!!!!

安い、多い、先述の通り美味い、というわけでコスパ最強です。

3.パッケージがかわいい&綺麗

これは一番アツく語りたいところです。

水色のキャップがまずかわいいですよね。水だけに。

ベイビーブルー、ベールブルーって感じの青でしょうか。

何と言っても、大空を舞うルリビタキがプリントされている点。ここ本当にポイント高いです。

最初は真っ青な羽の色しか見えなかったのでオオルリかコルリなんじゃないかと思ってたんですがね、よくよく目を凝らして見てみると、お腹の黄色い羽が見えるじゃありませんか。

ルリビタキがこの世で最も美しい鳥だと思っていますからね僕は。

そんなにボクのこと褒めなくていいよ~ ///

そしてこれは2Lボトルなんですが、パッケージの裏といいますか、ボトルを回転させて見ると、おもいっきりルリビタキの紹介がされているんですよね。お名前付きで出ていますよ。

これにもきちんとした理由があって、南アルプスの天然水を作ってくださっているサントリーさんは環境保護に力を入れているんですね。その象徴としてルリビタキちゃん、いえ、オスなのでルリビタキくんをパッケージにプリントしているんですね~。

はい、長いことルリビタキにフォーカスしてお話してきましたが、ルリビタキ以外にプリントされた背景も美しいです。

まず福寿草。綺麗な黄色ですよね。こちらも環境保護の象徴としてプリントされています。

単に綺麗なんですが、この単なる綺麗をめちゃめちゃ綺麗に見せているポイントが1つあります。それは何を隠そうルリビタキの存在ですね。

深い美しい瑠璃色のルリビタキと明るく輝く黄色の福寿草…。

彼らは補色という関係でお互いを高め合っています。つまりウィンウィンな関係というわけです。

逆を言えばルリビタキの美しさも福寿草が増してくれているわけですね。なんて優しい世界なんだ…!

僕もお互いを輝かせる存在に巡り会いたいですね。

だからるりもちくんとるりすずちゃんの体の色も綺麗だよね!

やだ、照れちゃう ///

はい、次行きますよ。

そのお互いを輝かせ合っているルリビタキと福寿草。背景にそびえているのは何でしょうか?そう、南アルプスの雄大な景観です。

山頂にかかる霜降りの模様が綺麗です。うっすらと青みがかった山嶺にかかる白い雪…。生で見ればその美しさが瞬時に理解できますが、パッケージイラストで見てもこんなに綺麗なんですね。自然というのは意図的に描いたものに変換しても美しいのですね。

この世界は本当によくできているなぁ。

どうですか?ルリビタキの青と福寿草の黄色、その後ろに控える雄大で神秘的な山々の頂。完璧なパッケージですね。

独特な感性ね。

まとめ

いかがでしょうか。

南アルプスの天然水、今すぐ飲みたくなったんじゃないですか?

これまで述べてきたように、美味いし安いしかわいいのでぜひ飲みましょうね。

今度このお水を作っているサントリー白州工場の工場見学に行きたいと思っています。

行けたらまた記事にしますね!

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました