結婚とは何なのか?僕の考える結婚の意味と価値観について

ULTIMATE BLUE

こんにちは、じくうです。

今回は人生の最も大きなイベントと言っても過言ではない、結婚について、僕の考えている意味と価値観を綴っていきます。

結構重いテーマ来たな

結婚とは何なのか

結婚とは何なのでしょうか。

僕は長年、この問いに疑問を持っていました。

ただ好き同士なら、ただ子供が欲しいなら別に婚姻を結ぶ必要もないなー、と。

実際、事実婚も増えてるもんね!

晩婚化や少子高齢化が進行するこの世の中ですが、やはり結婚志望者の数のほうが圧倒的に多いですよね。

自分が結婚願望があまり無かった人間だったためかもしれませんが、周りの人達がなんでそんなに結婚したいのかがあまりピンと来ていませんでした。

とはいえ、確かに結婚してかわいい奥さんがいる生活を送るのも魅力的ですよね。

毎朝起きたら横に好きな人が居るんですから。

そりゃあ幸せに感じるだろうしそれだけで結婚を望む理由にもなりうるかもしれません。

しかし、何事にも意味を見出さなければ気が済まなかった僕は、ただそのフワフワした感じの雰囲気に憧れているという理由だけでは納得出来ませんでした。

まあ、そんなフワついた理由だけで結婚を考えている人も少ないかもしれませんが。

まとめると、別に結婚をしたいわけではないのに結婚について悩んでいたわけです、僕は。

普通は結婚したいけどいつすればいいのかとか、どうすれば結婚相手が見つかるのかとかって悩む人がほとんどですよね。

では世間一般的には結婚とは何のためにするものなのでしょう。

ちょっと調べてみましたが、おおよその理由は、まわりが結婚しているから、世間体を保ちたい、子供がほしい、生活が安定するから、相手と添い遂げたいから、といったものでした。

この結果を見て思ったんですが、けっこう軽い理由じゃないですか?

詳細な説明を省いて言いたいことだけを切り取った結果だからなのかもしれませんが、ちょっと軽いように思います。

まとめると、世間的には結婚とはなんとなくするものという意識なのでしょうか。

そもそも僕のように何でするのか徹底的に追求するような面倒臭い思考の人間が少ないのでしょうね。

結婚の意味と価値観の答えを出してくれた要素

つい最近まで以上のようにはっきりとした答えを出せぬまま何年も生きてきたわけですが、(そもそも結婚していないのに結婚の意味を考えるのもどうかという意見もあるかとは思いますが)僕もこの結婚について1つの答えに辿り着いたのです。

どのようにして気づいたのかと言うと、価値交換について考えるようになってです。

普段僕たちは主にお金というツールを用いて価値交換をしていますよね。

お金を支払う対象に価値を感じて、それに価値交換券であるお金を投じる。

お金以外でも価値交換をしています。

それは時間です。

これについてはあまり意識できないかもしれませんが、私達は何かを行うときに、それに価値を感じてお金と同じように、時にはお金と同時に時間を投じています。

価値を感じるということはつまり私達の精神も投じていることになります。

そしてそれを行う身体も投じているのです。

このように、私達は普段何かに価値を感じてお金、時間、精神、身体を捧げて価値交換しているのです。

この価値交換という概念が、僕に僕の考える結婚の意味と価値観について教えてくれました。

では結婚の意味とは一体何なのでしょうか。

気になる~。

僕の考える結婚の意味と価値観

僕の考える結婚とは、「価値提供の究極」です。

先程価値交換とはお金、時間、精神、身体によってなされていると述べました。

結婚とは基本的に一人の人間に対して自分のお金、時間、精神、身体を捧げるものですよね。

そして何故そのようにしたいと思うのかと言うと、それは相手のことを好きだから、自分にとって価値を見出しているからなのです。

年収が高い、容姿が良い、一緒にいると楽しい、尊敬できる人間性、など。

好きな理由はそれぞれだと思いますが、つまるところそれは全て相手に何かしらの価値を感じていることに他ならないのではないでしょうか。

その価値が自分のお金、時間、精神、身体の全てを捧げるに足ると感じたときに結婚するのです。

では婚姻を結ぶのは何故でしょうか。

単に婚姻は契約だと思います。自分だけに価値提供をするように、自分以外の人間に価値提供しないように、という。

契約…なるほど。

契約破棄の基準、つまり離婚の基準は人それぞれだと思います。

相手の行動が自分以外に価値提供していると判断された時点で契約を破棄したくなるのでは、と思います。

男女が惹かれるのは、子供を作れるという生物にとっての機能的価値が大きいからではないでしょうか。

その点をお互いが気にしないのであれば同性同士でも結婚は成立します。

つまり僕の考えでは異性婚も同性婚も関係ないということです。

お互いがお互いに、自分の全てと引き換えてでも価値を感じたときに結婚という契約が成立するのだと思います。

まとめると、僕は結婚を価値提供の究極、これ以上に無い価値提供だという答えにたどり着きました。

結婚はいつ誰とするのか

結婚は価値提供の究極だと述べました。

では結婚するタイミングはいつなのでしょうか。

何年付き合ってから、何歳になってから、こんな人に出会ってから、など、これも人それぞれだと思いますが、僕なりの1つの答えがあります。

それは、「なりたい自分になれたとき」です。

相手に価値を提供するためには、まずは自分で自分自身に価値があることを認められる状態になる必要があります。

自分自信の価値を自覚していなければ、どのような価値提供を出来るのかなんて分かりませんからね。

自分自身に価値があると自覚することができるのは、僕は自分のなりたい自分になれたときだと思うのです。

では結婚相手はどう選ぶのでしょうか。

それは人それぞれに自分が究極の価値提供をしたいと思える相手と、です。

これは本当に人それぞれの価値観だと思うのでどんな人がいいというのははっきり言えません。

そしてこれは僕の持論ですが、予めどのような人と結婚したい、つまり自分にとっての結婚相手の理想を決めておくのはナンセンスだと思うのです。

何故理想を決めておくことが望ましくないかというと、具体例を挙げて考えてみましょう。

例えば、僕が「黒髪ロングのおしとやかな女性と結婚したい」と決めておき、周囲にもそれを宣言していたとしましょう。

もし、茶髪ショートの活発な女性が僕に対して好意を抱いていて、しかもその人との相性が実は抜群に良かったら。

ぼくの定めた理想によってそのような人と接する機会を潰してしまいかねないのです。

自分にとってもその人にとってもプラスではないですよね。

というように、結婚相手の理想というのは他の望ましい可能性を潰してしまうことがあるという理由で、ぼくはあまり考えないほうが良いと思っています。

価値提供の話に戻りますが、価値提供の究極というぼくの結婚に対する価値観にあてはめて考えてみると、「結婚したい」という言葉の意味は「誰か一人のために価値提供出来る人間になりたい」そして「価値提供したい・結婚したいと思える人に出会いたい」となります。

まとめ

まとめると僕にとっての結婚とは「価値提供の究極」である。

結婚するにはまずなりたい自分、価値提供できる人間になってから、そうしたいと思える相手(性別は関係ない)とする。

そしてそれを婚姻という契約を結んでお互いがお互いへの価値提供を誓って成立するもの。

となります。

ここまで、繰り返し価値提供と聞いて僕が感情のない理論主義者のように思われたかもしれませんが、きちんと感情はありますからね。

そして結構一途ですよ僕は。

そこは別に誰も気にしてないと思う。

以上が、僕の考える結婚とは何かについてとなります。

子供を設けることの意味についても自分なりの考えがあるのですが、それについてはまたの機会に。

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました