【ギター】僕の好きなIbanezのギターについて

BLUE

画像引用元:Ibanez公式サイト

皆さんギターは好きですか?

僕は好きです。鳴らしても眺めてもカッコいいですからね。

インテリアにもぴったりです。

今回は僕の好きなギターブランドのお話。

Ibanezというブランド

ぼくは趣味でエレキギターを弾きます。

持っているのは2本。

どちらもIbanezという日本のブランドのエレキギターです。

Ibanezについて詳しくは以下の、私の尊敬するギター博士の解説サイトをご参照ください。


ハード/ヘヴィ・ロックの王道「Ibanez RG」徹底分析!

アイバニーズ(Ibanez)のギター徹底紹介!

引用元サイト:エレキギター博士

僕がIbanezを選んだ決め手は、そのスタイリッシュなかっこいいデザインです。

加えて、綺麗な青色のモデルがあったということも大きなポイント。

元々ギターを全くかじったこともない状態で見た目だけで選びました

余談ですが、これからギターを始めようとしている方に向けて言いたいのが、「見た目が好きなものを買えばいい」ということ。

音がどうこうとか弾きやすさがどうこうとかは気にしなくて良いです。

何事もそうですが、大切なのは自分が好きであり続けること。

見た目がカッコいいというのはギターを好きであり続ける為に一番大事なんじゃないかと思います。

そんな風にして見た目のカッコよさに惚れて買ったので、他のギターと比べて弾きやすさとか音の善し悪しとかは全く分かりませんが、僕は今の2本に大変満足しています。

何てったてカッコいいし最高に綺麗な青色なので。

まあそもそも他のギターを弾いたことがないし買ったギターが大分良いスペックのものなので弾いててストレスを感じるなんてことが無いのは必然なんでしょうけれども。

どのくらいIbanezが好きかと言うと、そうですね、Ibanezを弾いている人をもれなく全員好きになってしまうくらいには好きです。

アーティスト写真とか弾いてみた動画とか楽器屋の試奏とかその他あらゆる場面でIbanezを構えているのを見るだけで、好きです。

日本のブランドなんですが残念なことに日本人のプロが使っている場面はあんまり見ないですね。

海外アーティストや弾いてみた動画では結構目に付きます。その度に好きなギタリストが増えていきます。

Ibanezが誰よりも好きってだけで僕のシグネイチャーモデル出してくれませんかね?

何言ってるんだこの人…。

私のIbanez

ではここから僕の所有するギターを紹介します。

Prestige RG3750FZ Transparent Blue

Ibanez RG3750FZ Transparent Blue
出典:Ibanez公式サイト

1本目のIbanez

ボディ材はトップにフレイムメイプル、バックにマホガニーを使用。ネックはメイプルとウォルナットの5分割、指板はローズウッド。

フロントピックアップ:DiMarzio Air Norton (H)

ミドルピックアップ:DiMarzio True Velvet (S)

リアピックアップ:DiMarzio The Tone Zone (H)

“Transparent Blue”(トランスペアレントブルー)とは”透明な青”という意味。

実際の色は光度によって違ったように見えます。比較的暗いところでは少し緑がかった青、ターコイズブルーのように見え、明るいところでは写真のようなスカイブルーのように見えます。

場所の光度によって違った美しい青を楽しめるのが魅力的です。

フレイムメイプルの木目も最高です。

その透き通った青を際立たせているのが、真っ黒なピックガードです。

とがったルックスがより締まって見えますね。

このギターは2音下げチューニングで使用しているということとピックアップの特性が相まってか、クリーントーンでも少し歪んだジャキっとしたサウンドをしています。

ディストーションで鳴らすと最高に太い歪んだ音になります。

Ibanezお得意のHSH配列の汎用性の高いギターですが、リアピックアップでしか鳴らしていません。

加えて、真ん中のシングルピックアップがピッキングの邪魔になるので高さを最低まで下げて弾いています。

見た目とサウンドから、少しやんちゃな印象を持っています。

j.custom RG8420ZD Royal Blue Sapphire

Ibanez RG8420ZD Royal Blue Sapphire
出典:Ibanez公式サイト

2本目のIbanez

j.custom というグレードはIbanezのフラッグシップモデルです。

買うと品質証明書がついてきてそのギターを作ったギター職人のサインなんかも入っちゃってます。

ボディ材はトップにフレイムメイプル、バックにマホガニーを使用。

ネックはメイプルとウェンジの5分割、指板はローズウッド。

フロントピックアップ:Seymour Duncan Jazz model (H)

リアピックアップ:Seymour Duncan Custom 5 (H)

“Royal Blue Sapphire”(ロイヤルブルーサファイア)とは宝石の名前。

「勝利の輝石」という意味を持っているようです。サファイアの中で二番目に高価なものです。

ちなみに一番高価なサファイアはこのサイトのアドレスにもなっている「コーンフラワーブルーサファイア」。

ギターに限った話では無いですが、何かの製品に付けられる色の名前って既存の色の名前じゃなくてメーカーが固有に名付けた色名っていう場合が多いんですよね。

今回で言えば宝石の名前をそのまま色名として使っています。つまりその製品固有の意味が込められている色名ということなんですね。そういうところまで知ることでより愛が深まるというものです。

以前好きな青3つについて述べました。

僕がロイヤルブルーを好きになったのはこのギターの存在が大きいです。

深い強い青に映えるのは、Ibanezのフラッグシップモデルに用いられる、指板の Tree of Life インレイ。ひと目で j.custom だと分かります。このインレイを見るとテンション上がるのは僕だけじゃないはず。美しすぎてうっとりしてしまいます。

このギターはレギュラーチューニングで使用しています。奏でる音は太く、真っ直ぐな音。Duncanのピックアップという要素が大きいと思います。

歪んだ音はリアピックアップ、クリーンと空間系の音はフロントピックアップで鳴らしています。

そしてこのギターの特筆すべき特徴がもう一つ。それは「細やかな気配りができている」という点。

フレットの球面トリートメント加工によってプレイアビリティの向上を図り、コントロールノブの落とし込み処理によって高級感を演出しており、シールドジャックの落とし込み処理によってシールドが外れるかもしれない可能性を無くしています。まさに日本の職人が作ったギター。

最後に

Ibanezのギター、良いですよね。あと青いギター、良いですよね。

Ibanezの青いギター以外のギターは買わないって誓いかけてますからね。

悲しいことに立派なギターはあるんですが、演奏技術が釣り合っていないというのが現状。これから頑張って練習していきます…。

今回はここまで!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

Ibanez公式サイトはこちら

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました